おしらせ
オンラインショップ
Menu
オンラインショップ
カテゴリーから探す
SNS

『新規開拓』は難しいけれど

図書館

 

生産管理担当のあさこです。

「ふらっと入ったお店がすごく良かった!」というエピソードを、私は持っていません。

食事、映画、そのほか諸々、全てにおいて星の数と口コミを右往左往。

選択を迫られた時、いつもスマホの中の誰かに教えを乞うています。

 

決して読書家とは言えない私ですが、趣味を聞かれれば『読書』と答えます。

休みの日には、活字を求めて本屋を彷徨い、本の帯や書店のPOPを時間の許す限り眺めます。

次は何を読もうかと逡巡する時間が好きです。

何時間も滞在して、何も買わないこともしばしば。

悪い客ですね。

 

昔から、本は図書館で借りることも多いです。

ここにある本は全部持って帰っていいんだ!という高揚感と、合わない本は返せばいいや!という緊張感のなさが、心地良いのです。

もちろん、本には帯もPOPもないので、装丁や、タイトル、冒頭の文章にさらっと目を通して決めます。

今まで読んだことのない作家さんの本も、初めてのお店にふらっと入るように手に取ります。

とはいえ、図書館にある本は、膨大な量の本の中から司書の方が発注したり、利用者のリクエストによって本棚に収められたもの。

直感で選んでいるつもりでも、やはり私は、誰かが好んだものを選んでいるに過ぎないのかもしれません。

 

昼田とハッコウ

最近出会ったお気に入り『昼田とハッコウ』山崎ナオコーラ

図書館で借りて好きになった本は、本屋さんで購入します。

本をつくる人、本を届ける人、何時間でも過ごせる大好きな場所が、ずっと続いて欲しいという想いからです。

感謝して正当な対価を払うことでしか、応援はできません。

 

購入した本を読み返すことは滅多にしませんが、親しい人に紹介することは多いです。

趣味は読書と言いながら細かいストーリーはすぐに忘れてしまう性質なので、「とにかく良かったから読んでみて!」といった漠然としたプレゼンしかできないのですが。

 

なにを選ぶのか、誰を応援するのか、いつも自分ではない誰かに助けられています。

やはり私にとって、『新規開拓』は難しいもの。

誰かのおすすめに素直に従い、確かめ、いいと思ったものを手の届く範囲の人におすすめするのが精一杯。

私の好きな本が、誰かの大好きな本になってくれれば、これまで私が助けられたことへの、微々たる恩返しになるのかなと思っています。