おしらせ
オンラインショップ
Menu
オンラインショップ
カテゴリーから探す
SNS

自分の要求を叶える生活

 

こんにちは。

デザイナーの松本です。

メルマガなどではお伝えしているのですが、

最近は、京都と瀬戸内の島の2拠点生活をしています。

 

島での生活はとてもシンプルで、

毎日の過ごし方は、

基本の「衣食住」+仕事、という感じですが

前者の割合がとても大きいです。

 

京都に住んでいる時は、

基本の「衣食住」+仕事+買い物+外食+打ち合わせ+・・・_?と

なにかと忙しく、今思うと複雑な生活でした。

シンプルな生活の中において、

「衣食住」と同じレベルで自然にやっていることが、

美しいものや心に響くことを日々探すこと。

 

毎日のおさんぽは欠かせないし、

お店が一軒もないので、

お料理は真剣に、

盛り付けもベストと思えるように、丁寧にやっています。

わたしはその探し物がないと、

ただ淡々と時間を送る、味気ない毎日になってしまうようです。

 

そうして気づいたことなのですが、

「生活を気分良くごきげんでできること」

私が「仕事」として、表現したい事なのかもしれません。

 

ランジェリーやアクセサリーをデザインすることもその中の一つです。

Puntoeのランジェリーやお洋服、

ニュアラの、生活の一部として染色をやるというコンセプト、

Jaaiのアクセサリーは、

特別な時よりも、「毎日」を楽しむという感覚からできています。

 

 

 

朝の支度のランジェリー選び

朝、今日何を着るか、ベッドの上に広げてみてランジェリー を選ぶ

モーニングルーティン

お茶を飲みながら、アクセサリーに合うネイルを選ぶ時間

キッチンで草木染め

夕食を片付けたあとキッチンで古くなった衣類のニュアラ染リメイク

 

 

生きている限り続く生活に、

細かな楽しみやときめきがあればいいなと思います。

 

 

瀬戸ジャイアント

キッチンの一角にかわいいつまみ食いコーナーをつくる

 

 

なぜそう思うようになったか振り返ってみると、

大学を卒業してすぐに、

フリーランスのグラフィックデザイナーとなり、

毎日なにかしらの締め切りがあって、

のんびり生活を楽しむ、ということからは程遠い毎日だったから、

今の仕事についたように思います。

 

わたしも含め、現代を生きる女性は

なにかといそがしいと思うので、

ついついがんばってしまうみなさんには、

ぜひ自分にやさしくして、

気をはらってあげてほしいなと思います。

 

とはいっても、

わかってる、そうしたいと

頭では思っていても、習慣というものはしみついているもので、

ちょっとやだな、と思っていたとしても、

その本心に気づかないことも多いもの。

 

例えば、自分はあついドライヤーが嫌いなことに、

30年以上生きてきて初めて気がつきました。

 

髪が多いのでなかなか乾かないし、

高温で乾かして、仕上げに冷風をあてるとツヤが出る、と

美容師さんに昔おしえてもらったことがすり込みになっていて、

毎回あついドライヤーをあてていました。

 

 

ダイソンのドライヤー

ダイソンのドライヤーは音が低くなくてまだ好きな方です

 

今は、時間がかかっても仕上がりがイマイチでも、

優雅な気持ちで冷風で乾かしています。

それも違うなというニーズを感じたら、ドライヤーさえなしにしています。

ドライヤーのような些細なことも、

毎日となると結構変わってくるもの。

なんのため?と考えたとき、それが誰かのためなのだったら、

その瞬間の自分を優先したらいい、ということだと思います。

仕上がり優先のときは、

そうしたいからそうする、という考えをもってそうするというか。

 

次に島へ行った時は、

起きた時から寝る瞬間まで、

自分の要求をていねいに感じてみて、

全部叶えてあげることを試してみようと思います。

今後の生活になにか変化が起きそうな気がします。