おしらせ
オンラインショップ
Menu
オンラインショップ
カテゴリーから探す
SNS

キッチンから始める『ゆる脱プラ』

こんにちは!Puntoeの生産管理担当あさこです。

Puntoeのアトリエは、京都は太秦のマンションの一室にあります。

サロンにお越しいただいた方から、なぜここに?とお尋ねいただくことも多いです。

確かに駅から少し離れているし、入口がわかりにくい普通のマンション。

この場所にアトリエを構えている理由は、太陽の光で季節を感じる大きな窓があること、静かなこと、そして何よりキッチンが広いことなのです。

アトリエのキッチン

Puntoeのアトリエのキッチン。3人で料理しても余裕の広さ。

 

1.みんなで作ってみんなで食べればゴミが出ない

食べることに興味津々のPuntoeのスタッフたちは、お昼になると、みんないそいそとキッチンでお料理を始めます。

冬は粕汁を作ったり、夏はそうめんを茹でたり…Puntoeのスタッフが好きなのは、シンプルで季節感のある料理。

web担当のおにぎりが週末農業を始めたので、ピチピチのお野菜が主役になることが多いです。

お米も土鍋で炊いています。

おにぎりの週末農業

収穫の様子。無農薬のお野菜はとっても甘く、みんなで取り合って食べています。

食後は、その時々の気分で選んだお茶でボ~っとリラックスします。

デザイナーの松本が漢方茶を煎じてくれることも。

コンビニでお弁当を買ったり、ペットボトルの飲み物を買うことはほぼありません。

食材をシェアできるので、ラップで包んで保管したり冷凍したりしなくても、新鮮なうちに食べきることができるし、プラスチック容器などのゴミも格段に少なくなっています。

アトリエで作ったランチ

キムチもweb担当のおにぎりの自家製!ランチのたわいもない会話から新しい企画が生まれることもしばしば。

 

2.美しい商品をお届けするために

工場や発送元倉庫では、防水や品質管理の観点から、どうしてもプラスチック袋が必要です。

Puntoeでは、工場や倉庫で使用したプラスチック袋は、商品の保管用として何度も再利用しています。

商品の品質を保つ上で、プラスチック袋を完全に排除することは難しいですが、必要なプラスチック製品はできるだけ大切に、長く使い、使い捨てにならないように心がけています。

Puntoeのランジェリーたち

Puntoeのショーツはクロッチまでシルク100パーセント。天然素材であることにこだわっています。

オンラインショップでも、ご注文時に「梱包のプラスチック袋は不要です」と仰ってくださる方が多くなってきました。

『脱プラ』への関心が高まっているのだと実感しています。

Puntoeでは今後、宅配便の場合はプラスチック袋での梱包は廃止していく予定です。

ポスト投函の場合でも、プラスチック袋が不要な方は、備考欄にご記入いただけましたら対応させていただきます。

もちろん、プラスチック袋での梱包が必要な場合も、お気軽にお申し出くださいね。

私たちのできることは本当に微々たるものですが、ゆるく長く続けていくこと、固執せず柔軟に取り組んでいくことが私たちらしい『脱プラ』かなと思っています。