おしらせ
オンラインショップ
Menu
オンラインショップ
カテゴリーから探す
SNS

ショーツのくい込み、どうしてる!?

ショーツのくい込みどうしてる!?

裸のような心地よさを求めて作られたPuntoeのショーツ。

締めつけない履き心地はお気に入りなのに、おしりにくい込んでしまう…というお悩みをいただくことがあります。

ウエストのゴムが柔らかく、ソケイ部には一切ゴムを使わないPuntoeのシルクサテンショーツは、上にずり上がり、おしりにくい込んでしまうことも…。

 ショーツがくい込む原因と、くい込みが起きにくいPuntoeのショーツをご紹介します。 

 

【ショーツがくい込む原因は?】

①ショーツを上に上げすぎている

ソケイ部を締めつけない、エアリーな履き心地が不安で、クロッチを股に押し付けるように履いていると、動いているうちにおしりにくい込んでしまうことがあります。

ふわっと覆うような感覚で履くと、くい込みにくくなります。

腰のぐりぐりの少し上くらいで履くことをおすすめします。

 

②サイズがあっていない

ショーツが小さいことも、おしりへのくい込みの原因のひとつ。

ウエストが適正サイズより小さいものを履いていると、ショーツが上にずり上がりやすくなり、くい込みが起きやすくなります。

もし現在Sを履いているのなら、Mサイズに変えてみると良いかもしれません。

 

③骨盤のゆがみ

片方のおしりだけがくい込む…という場合は、骨盤の歪みが原因かもしれません。

片足に重心をかけて立つ、足を組んで座る、横向きで寝る、などの日常の些細なクセが歪みにつながります。

骨盤に負担をかけるようなクセがないか、ふりかえってみましょう。 

 

【くい込みが起きにくいPuntoeのショーツ】

①ひもショーツ

ひもショーツ

一切ゴムを使用しない『ひもショーツ』は、ショーツがずり上がりにくい構造。

Puntoeのショーツではいちばん軽いはき心地のショーツです。

リボンでウエストサイズを調節できるので、様々な体型に対応しています。

肌が弱い方にもストレスなく履いていただけます。

 

②フレアリボンショーツ

フレアリボンショーツ

サイドのリボンをキュッと引っ張ることでウエストサイズを自由に調節できる『フレアリボンショーツ』

ウエスト後ろ側のみにゴムが入っているので、リボンを結んだまま脱ぎ履きができ、楽チンです。

おしりの生地がたっぷりとしているので、シルクサテンショーツはサイズが不安…というぽっちゃりさんにも安心です。

 

③オーガニックコットンショーツ

オーガニックコットンショーツ

伸縮性のある幅広の生地でお腹を包む『オーガニックコットンショーツ』もずり上がりにくく、くい込みにくいショーツのひとつ。

身生地にも適度な伸縮性があるので、からだの動きに添います。

適度に厚みのあるコットンなので、あたたかく、軽い日用のサニタリーショーツとしても。

気負わずお手入れができて、デイリー使いにぴったりのショーツです。

 

④シルクニットショートパンツ

シルクニットショートパンツ

どうしてもショーツがくい込んでしまう方には、ショーツの上に『シルクニットショートパンツ』を履くことをおすすめします。

1本の糸から立体的に編まれたホールガーメントのショートパンツは、ぐーんと伸びて締めつけがなく、からだの丸みにフィットするので、くい込みやすいショーツを押さえてくれます。

薄手でありながらもあたたかく、吸湿性と速乾性に優れたシルクのショートパンツは、シーズンレスに履けるアイテムです。

 

いかがでしたか?

気になるけどなかなか直せず、もやもやするショーツのくい込み。

なかなか人には言えないお悩みを解消する、ショーツ選びのコツをご紹介させていただきました。

 ご自身の体型やライフスタイルにあった、快適に過ごせるショーツを見つけてくださいね。 

 

おうちが試着室

ぴったりのランジェリーと出会える試着サービス『おうちが試着室』はこちらからどうぞ!