おしらせ
オンラインショップ
Menu
オンラインショップ
カテゴリーから探す
SNS

Puntoeスタッフあさこのせきらら月経カップ体験記 vol.1

第3の生理用品として注目を集めている 『月経カップ』 

膣内に挿入し、 体内で経血を受け止める生理用品 です。

恥ずかしながら、私がその存在を知ったのは去年のことでした。第3の…というくらいだから、最近できたものかと思いきや、最初に発明されたのはなんと1937年!しかし当時の月経カップは素材が悪く、普及しなかったのだそうです。

現在は医療用シリコンでできているものが一般的で、様々な大きさ、形状、固さのものが販売されています。

 医療用シリコン でできている月経カップは、繊維でできているタンポンに比べて細菌が繁殖しにくいため、長時間の挿入が可能なのだとか。繰り返し使えてゴミも減るし、大きなポーチを持ち歩くストレスが軽減するのなら…と早速トライしてみました!

あさこ

まず私が購入した月経カップ2種をご紹介します。

超個人的なレビューですので、商品名は控えさせていただきます。

せきらら月経カップ体験記1

クラッチバッグのようなデザインでトイレに行く時も人目が気にならないランジェリーポーチ

月経カップA(写真左)
・月経カップとしては一般的な釣鐘型

・日本人の体に合わせた大きさで国内製造

・カップ上部内側に厚みのある『かえし』と空気穴がついている

・しっかりとした弾力がある

・全長57mm

・価格5500円

月経カップB(写真右)
・すずらんのような丸い形状

・台湾で考案されたアジア人の体型に配慮したデザイン

・カップ上部を内側に折り込んで使用する

・シリコンが薄く柔らかい

・全長54mm(カップ上部を内側に折り込んだ状態)

・価格6000円(レギュラーサイズ)

あさこ

意外と高い…

紙ナプキンやタンポンの金額に慣れてしまっていたので「ええー!」と思いましたが、ちゃんとお手入れして保管していれば、5~10年使えます。

怪しい海外のサイトでは1個100円くらいの激安品もあるようですが、体内に入れるものなので、安いものはかえって不安です。末長いお付き合いを期待して、先行投資!

これに加え、 洗浄用カップ (1500円くらい)を購入しました。

洗浄用カップがあれば、レンジでチン!で月経カップを消毒できます。

あさこ

鍋で煮沸消毒も可能ですが、キッチンで月経カップをグツグツ煮ることに抵抗があったため、私は洗浄用カップを使用しています。ちなみに洗浄用カップは耐熱のマグカップでも代用できます。

1.挿入編

そして迎えた生理2日目。

届いた月経カップが思っていたよりも大きいと感じたため、経血が多く挿入しやすそうな2日目まで寝かせていました。

まずは 月経カップA をチョイス。

せきらら月経カップ体験記2

ボールペンと比較するとこのくらいの大きさ。

 カップをU字にたたみ 、親指と人差し指で押さえながらいざ挿入!

しかしこれがなかなかの弾力。たたんだとて結構太い。

膣にあてがい、押し込もうとした瞬間にバイーン!と元に戻ってしまいます。

足を開いて膝を軽く曲げた情けない姿勢のまま、たたんではバイーン!たたんではバイーン!を4、5回ほど繰り返し、なんとか入れ込むことができました。

月経カップを押さえている指ごと膣の中に入れてから指を離すと、うまく挿入できました。

あさこ

2日目ならすんなり入りそう…なんてとっても甘い考えでした…。

月経カップは性経験がなくても使えるとのことですが、個人的にはかなり難しいと思います。2回出産経験のある私でも挿入するのにかなり時間と力が必要でした。

自分の指2、3本くらいは抵抗なく挿入できる、くらいの度胸と経験は必要かと思います。

挿入位置は タンポンよりもだいぶ手前 です。

月経カップは取り出すための ステム (取っ手のようなもの、商品によって形状が違う)が短いため、奥に入れすぎると取り出すのが大変です。

挿入が完了したら、指で月経カップの周りをなぞってみて、カップが開いて膣に密着しているか確認します。

初心者なので、紙ナプキンも併用しました。

あさこ

脱落が不安だったので、気持ち奥の方に入れてしまいました。

入れた瞬間は少し異物感がありましたが、すぐに違和感はなくなりました。意外と膣って鈍感なようです。

商品の説明書には12時間分の経血を受け止めることができると書かれていましたが、すぐにナプキンに経血が付きました。月経カップの位置や向きが良くないのかもしれません。

また、かがんだ拍子にドプッと月経カップから『こぼれる』感覚が何度かありました。膣からバッシャっと出るので、かなり焦ります。

 自分の膣の個性を把握し、挿入角度や位置を見極めていく必要がありそうです。 

2.脱出編

さて、入れたものは出さなければなりません。

指を挿入して弄っていると、ステムを発見!親指と人差し指の先でつまむようにして引っ張ります。

あさこ

ぜんっぜん抜けない…!

私の膣にもまだこんなにも締まりがあったのか!と妙な自信を取り戻すほどにビクともしません。

やはりもっと手前に入れるべきだったのでしょうか。

小さくて細いステムは滑るし、力を込めにくいのです。

指の力だけでは引っ張り出せそうもないので、排便の要領でお腹に力を込めて気張り、腹筋と指の共同作業でなんとか引っ張り出しました。

あさこ

月経カップがぬるっと出てくる感覚は、正直なところとても気持ち悪いです。使い続ければ慣れていくのでしょうか。

思いっきり力を込めて抜いたので、便器の中に経血が飛び散りました…。指は血まみれ。

入れるのも出すのも、スマートに行うにはコツを掴むことが必要です。

使用3回目くらいで、着脱にはかなり慣れてきたので、外出時にも使ってみることにしました。

まだ紙ナプキンは必須ですが、取り替える頻度が少なくなり、その点はすごく助かりました。

あさこ

ナプキンの処理に困るのが、お友達の家に招かれた時。3日目のまだ出血量が多い日でも、友人宅にいる間はナプキンをとりかえずに済みました。

外出先で月経カップを脱着する時は、デリケートゾーン用ウェットティッシュでカップを拭いたり、ペットボトルに水を入れておいて洗ったりという方法があります。月経カップの脱着は手が汚れるので、 手を洗えるもの を必ず持って行きましょう。

vol.2に続く

次は 月経カップB にトライします!